りずぺ さんがブースト

Search/サーチ 

噂に違わぬ面白さだった~~今年の見納めがこれでよかった。😂 パソコンの画面だけで心理描写がわかる演出巧みすぎる。

リアルコミュニケーションの拗れをSNS上から紐解いていくのが話の肝で、終わってみれば主軸の事件捜査パートは据え物みたいな感じが予想外だったしヒューマンドラマとして凄く好きでした。
最後のオチの急展開ぶりは「世界仰天ニュースかよ」って思ったけど。娘と犯人もリアル→SNSで悪い方に発展してしまった関係なのがテーマに沿ってていいですね。

しかし私はネット上で友達を作れない真の内向的人間なので「SNSの落とし穴」系の話に全く縁がないのであった…

りずぺ さんがブースト

シャザム!めっちゃ面白かった 

調子に乗った悪ガキにイライラさせられる映画かと思いきや、ビールチャレンジの下りが微笑ましくて爆笑してしまったな…😂 😂 😂 アメリカのティーンなのに酒も煙草もポルノも嗜んでないなんてファンタジーですよ(偏見)

ヒーローとしての正しさを説くわけでもなく、一人の少年としてのジュブナイル要素が強かったのが好みでした
フレディ以外との家族のシーン少ないけど両親の会話とかデブくんの手帳とか、短いシーンでさらっと為人や背景想像させるのいいなあと思った。カッコいいアクションシーンよりもそういうところが好きなんだな私な。

あとEDの授業中の落書きみたいなアニメめっちゃ可愛くて最高では

りずぺ さんがブースト

今年のベスト10。
順位は適当。

1.ビールストリートの恋人たち
2.バジュランギおじさんと小さな迷子
3.サバハ
4.神と共に 第1章・第2章
5.ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
6.ジョーカー
7.ブラック・クランズマン
8.家族を想うとき
9.ムンバイ・ダイアリーズ
10.ドクタースリープ

りずぺ さんがブースト

インドという国は、 

夜の7時台の首都の公道で凄惨なレイプ殺人が起きるようなところだから、映画の中でも恋人たちの夜のそぞろ歩きというのは割と珍しい。たまに見つけると嬉しくなってしまう。こないだ見た『96』には、高架道路や地下鉄を背景にした良いシーンがあった。テルグのAnandにも夜のハイダラーバードの長いシーンがあった。一番すごいのは1987年のマラヤーラム映画Thoovanathumbikalだ。都会とも言えないトリシュールの街を、夜中の3時ぐらいだかに歩き回る。今のところこれを超えるものには出会っていない。

りずぺ さんがブースト

サーミの血-3 

監督自身もサーミ人であり映画に登場するすべてのサーミ人役には実際にサーミに出自を持つ人たちを起用する徹底ぶり。

民族差別にたいする問題提起となるのは無理からぬものの映画は少女の回顧録としているところが良かった。

様々な差別の中で一番腹が立つのは「臭い(獣臭)」という直接的な言葉よりも「人類学専攻」なのと言いながらヨイクを歌わせるシーンだ。
ヨーデルとヨイクの違いもわからない彼女は好意からしたことだが、これこそ無自覚の差別だよなぁ。。

日本にもアイヌ民族の歴史があるが、日本人が本当の意味で正しく民族迫害を理解できるのだろうか。無理な気がする..。
人のことをどうこう言えるほどの立場でもない。
なぜながら私自身が無知だからだ。

もうホント無知は罪とはよく言ったもので己を恥じるばかりだ。

りずぺ さんがブースト

サーミの血-2 

物語は妹の葬儀のため帰郷したクリスティーナがホテルの一室で捨てたはずの過去を回想するところから始まる。

サーミであることで差別を受けたエレ・マリャは名前をクリスティーナとかえウプサラへと向かう。生きる場所が違ってもサーミ人であることを忘れさせてはくれない。

名前を変えコルトを脱ぎ捨てても血からは逃れられない。

差別とは何か?

中でも一番怖いのは「視線」だ。いつでも周りを注意深く見ているその仕草が印象的だ。

多くの人がエレに感情移入するのは難しい。私たちは民族迫害されたことがないからだ。

しかしクリスティーナが多くを語らず、かわりに表情や視線で感情を表現しそこに少なからずとも観客は自身を重ねる余白がある。

エレと対照的な妹、エレの孫娘もまた対照的な立場だ。エレだけがサーミとの間で揺れている。二律背反を抱えたエレが救われる日が来るのだろうか。

りずぺ さんがブースト

サーミの血-1 

<長いのでたたむし続くよ>

スウェーデンの北部にあるラップランドに居住する先住民族サーミ人のエレ・マリャが自身の民族に対するルーツについて差別のなかで普通であることを切望した少女の話

感想の前に...昨年から少しスウェーデン語を勉強し始めまして(ホントマジで少しなんですけどね)歴史も調べてみたらサーミ人という民族が各国によって迫害されたことをその中で知りました。

サーミ人はトナカイ遊牧民でサンタクロースが住んでと言われるラップランドの少数民族です。

20世紀に入るとスウェーデによる分離政策によって元々の差別に加えて問題が根深くなり..分離政策はサーミはスウェーデン人よりも人種的に劣っているという考えに基づいた法律。

こうしてサーミ人は土地を購入して住んだり、ほかの仕事に就いたりすることを禁止される。むろんサーミ語も禁じられスウェーデン語を強制される。子供たちは専用の寄宿舎に入れられ進学は許されない。

学術的調査として人前で裸にさせられ写真を撮られる。鼻の長さまで緻密に記録を取られる。

そしてこれらの民族差別が映画のテーマです。

りずぺ さんがブースト

これまでインド映画の恋愛もの、 

その中の1パターンである、引き裂かれて別々の相手と結婚させられたカップルのストーリーを見てきて、姦通を絶対的に避ける不文律にどうよと思ったことは多々ある。逆に肉体関係を持たなければ心は結婚を裏切ってもいいというロジックに何か現金なものを感じたりもした。結婚を裏切らずに恋愛を成就させるためには、離婚するか、あるいはそれぞれの配偶者が都合よく死ぬのを待つしかないわけだが、これも事実上脚本としては禁じ手。まあでも、インド語の、少なくともタミル語の文学的コンヴェンションからすれば、心は主体から離れて勝手な動きをするということになっている。心を責めるなかれというのはここから来ているのか。

りずぺ さんがブースト

ヘルボーイリブートのムビチケを昨日新宿出掛けたついでにTOHOで買ってきたんだけど特典がアメコミまるっと1冊にステッカーって太っ腹過ぎない?普段クリアファイルとかポストカードがついてくるだけでもラッキー★とか思っちゃうので驚くわ

今日はマインドハンターシーズン2配信日ですよ!

久々にマトリックス3部作を見て映画の愉しさを思い出したよ。凝り固まってた頭がカンフーで解された

りずぺ さんがブースト


」を見ました

ナチスの強制収容所に、収容された捕虜が、
ガス室に、送られた息子を埋葬するため
ラビを見つけようと奮闘する話

ナチスの強制収容所の捕虜が題材なので
よくありそうな話っぽいですが、

主人公が、ラビを探すため
仕事もそっちのけ、仲間たちの企みも
そっちのけで必死なのと、
カメラワークが、主人公しか追わず
長回しで、その上、視野が狭いカメラで
周りが見えてない感じが
余計必死な感じがしますのと、

それに、この変わったカメラワークが
周りで何が起こっているかとか、
様子が全く見えず、
収容所の生活を、疑似体験してる
みたいな雰囲気にしてくれます。
そんなとこが、今までの映画と
ちょっと雰囲気の違う映画にしてますが、

そして、この収容所の疑似体験が
実際の収容所で、捕虜たちに
こんなコトを作業させてることが、
ちょっとナチスの収容所の恐怖
をより一層感じさせるようです

アマプラで「ミッションインポッシブルフォールアウト」再鑑賞。
陸上シーズンにも感じるけど全力疾走出来る人ホント格好いい、トムクルーズ56歳だぜ

りずぺ さんがブースト

デスストランディングのトレーラーから漂う伊藤計劃臭。

りずぺ さんがブースト

デスストランディングはファンからの期待が大きすぎるが故に、爆死しそうな予感。
序盤から唐突に特殊な用語が出まくりでわけわからん内容になりそう。

デスストランディングが映画ファンにどう評価されるのか気になる。
がっつりプレイ動画が映し出されたトレーラーも公開されて映画ファンよだれダラダラなキャスト陣

のんのんびよりバケーション鑑賞。子供が純粋に夏を体験してる姿と対比して、現実の大人になってしまった自分の境遇が切なすぎて泣くというたまらない角度

ファーストインプレッションを崩したくない程心に残った作品は、何度も見直したりしないタチ🤔
結構そういう映画はあって、大抵は重い作風でガツンとやられた映画

2017年私的ベスト映画の「ローサは密告された」を数年ぶりに鑑賞、肉団子を喰らうおばちゃんを見て泣くのは最初で最後。

もっと見る
映画ドン-映画ファン、映画業界で働く方の為の日本初のマストドンです。

映画好きの為のマストドン、それが「映画ドン」です! 好きな映画について思いを巡らす時間は、素敵な時間ですよね。