おもしろいか? いい映画か? というと、どっちも違うんだけど、じゃあ見る価値ないかと言われると、それもちょっと違うような気がする。
なにをどうしたらこういう映画ができあがるのか、という興味は満たせますよw
シネコンのいちばん大きいスクリーンだったけど、お客は20人くらいでしたww

Cats 見た!
めっちゃ閉塞感。
長いし眠い。
ネズミがキモい。

キャッツ、別に劇場で見るほどじゃないかなーと思ったんだけど、あまりに評判が悪いので、かえって怖いものみたさで見たくなってきたw

ことし、劇場3作めかと思ったら、4作目だった。「ダウントン・アビー」見たけど、なんか印象薄くて忘れてたわw まあ、パラサイトとジョジョ・ラビットにはさまれたんじゃ、勝てるものはない。

ジョジョ・ラビット、めっちゃよかった。だれかが今年のベスト5に入りそう、と書いていたが、わたしはベスト3くらいには入りそうだわ。

「ダウントン・アビー」
ドラマとしてはふつうのできだが、2時間という枠の中で劇場で見ると、やっぱりぬるいわー。

ことし1作めが「エクストリーム・ジョブ」、2作目が「パラサイト」。
どっちもよくできてておもしろいけど、日本や韓国の女のおかれてる現実を知ってる目からすると、既存の価値観にそのままのっかってて、ひっかかりがないのよね。前者はコメディだから、それでいいっていえばいいんだけど、「あ、そう」っていう気持ちはぬぐえない。

昨夜見かけて、途中で寝てしまい、けさ完走したのが「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」。
薄ぐらい石造りの館が好物なので、劇場で見たかったのだが、見逃してしまった作品。
いまさら、メアリ・スチュアートかよ、と思わないでもなかったが、これがちゃんと2019年の映画になっていた。
何度も描かれたエピソードだけど、人物描写がかっちり作り込まれていて説得力がある。
佳作。

2019年、最期に見たのは「バンブルビー」 。
Amazon Prime で。
これは完全に子供向けで、それ以上でも以下でもなかった。

今年のベスト10。
順位は適当。

1.ビールストリートの恋人たち
2.バジュランギおじさんと小さな迷子
3.サバハ
4.神と共に 第1章・第2章
5.ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
6.ジョーカー
7.ブラック・クランズマン
8.家族を想うとき
9.ムンバイ・ダイアリーズ
10.ドクタースリープ

「家族を想うとき」は、クソ邦題の香りぷんぷんですが、さすがケン・ローチ。わたしはとても気に入った。おすすめですよ~。見終わって楽しい気分にはならないけどね~。

ターミネーター、ドクタースリープ、家族を想うとき(試写会)、完璧な他人。
この1週間、映画見まくり、かなり幸せです。

フッド・ザ・ビギニング 

ヘルター・スケルター 

11月1日に「フッド・ザ・ビギニング」を見たのが最後で、感想も書いてないし、その後劇場に行ってない。出張だらけでへろへろっす。

ジェミニマン 

ラガーン 

The witch 魔女 

1922 

エルカミーノ 

もっと見る
映画ドン-映画ファン、映画業界で働く方の為の日本初のマストドンです。

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。