最近ちっとも書き込んでいませんが、ドラマばっかり見ていて、映画見てないのでネタがない。アマプラで「The Boys」、ネトフリで「マインドハンター」、お盆のヒマな時期はこれで終わりましたw

内調の事務室を薄ぐらーくした演出を、幼稚だと批判したけど、現実はもっと暗い。「ガソリン缶携行して訪問するぞ」って脅迫FAX、あの部屋から出されたと考えると、めっちゃしっくりくるわ。ネットFAX経由で、身元がわからないようになってて、慣れた手口だったそうですよ。

新聞記者があかんかったので、工作が相対的にあがったw ほんとのサスペンスってこういうものよ。現実とフィクションを都合よく使い分けるんじゃなくて、フィクションならフィクションで勝負しなって、感じ。

『工作』は、いい映画ではあるけど、あんまり好みじゃないなーと思った。確かに緊迫感はあったし、ラストもよかったけど、延々と駆け引きとか腐敗を見せられて、かなり長く感じた。もっとも、そこがこの映画の肝なので、そういう心理的なかけひきに興味がひかれなかったら、まあ、それは好みの問題としか言いようがない。
日本のみなさんにお伝えしておきたいのは、(って、へんな言い方だが、わたしは在日韓国人です)、ピョンヤンで仕事したことある人にとっては、イ・ソンミン演じる北の高官は、めっちゃリアリティあったということ。わたしも含めて、韓国の観客にも日本の観客にも伝わりづらいところだけど、ばっちりだったということですよ。

『十二人の死にたい子どもたち』の感想です。 

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』の感想です。 

実家にいる間、母とNetflix を物色していて「どれがおもしろい?」と聞かれたので、そのときメニューに出てきた中で選んだのが『怪しい彼女』と『グレートウォール』。いっしょに再見しました。何度見てもナ・ムニのくそばばあぶりは最高。

『背徳の王宮』の感想です。 (3/3) 

『背徳の王宮』の感想です。 (2/3) 

『背徳の王宮』の感想です。 (1/3) 

映画って2時間超がふつうになってるけど、もっと切ればおもしろくなったんじゃない?っていうの多いよね。短い映画で、もっと長く見たい、っていうのはあんまりない。

しかし、ジャスミンがアラジンを好きになるのって、吊り橋効果にしか見えないw

アニメ版のアラジン、Amazon Video で見た。色彩爆発で絢爛豪華だった実写新作見た直後だと、どうも画面が寂しい。

『神と共に』第2章見て、翌日『サバハ』。
2日続けてイ・ジョンジェ。

『アラジン』見てきた~。
ウィル・スミスの主役映画だったw

あ、違う、1日に『金子文子と朴烈』見てた。それ以来か。
この映画については、ネットでは感想言ってなかったけど、実際会った友達や家族にだけ、少し話した。たまにはそういうこともあります。

なんと6月にはいってから、劇場に1回も行ってませんことよ。
まあ、忙しいことは忙しいんだが、5月までだってヒマだったわけではなく、なんとなく潮がひいた感じ。
そのかわり、本はだいぶ読んでます。時間的にどうしても映画と本がトレードオフになってしまうのよね。

『飛べない鳥と優しい狐』 

映画デートはすごい昔の話で、ここ20年くらい、だれかと映画見に行くときは、ほとんど息子。
上の息子はもう30だし、同居してないので長いこといっしょに見てないけど、Line でなにがおもしろかったよ、という映画の話はときどきする。
下の息子は東京に住んでいるので、わたしが東京で映画見るときは、待ち合わせていっしょにいったりする。飯と映画がゴチとなれば、相手が母ちゃんでもいいらしい。
小さいときから、ずーっとわたしが連れて行っているので、わたしのチョイスには文句が出ない。洗脳かw

もっと見る
映画ドン-映画ファン、映画業界で働く方の為の日本初のマストドンです。

映画ドン
日本初の映画好きの為のマストドン、それが「映画ドン」です!
好きな映画について思いを巡らす時間は、素敵な時間ですよね。
※もし...最初の確認メールが届かない方は、ドメイン(@eigadon.net)からのメールの受信設定を行って下さい!gmail,yahoo,msn,docomo,softbank,ezweb等々の指定受信設定をググると設定方法がすくに見つかると思います!!お手数になりますが、よろしくお願いいたします!