『ニンジャバットマン』の感想です。 (2/2) 

『ニンジャバットマン』の感想です。 (1/2) 

JOKERの感想はこのくらいで、やはりサーバは管理がめんどくさいのかなぁと思ったりします。
映画感想Lifeの方に投稿しようかと思っていましたが、このJOKERの項目はなかったので。
誰もがぱぱっと作れたらいけないですからね。
12月はHUMAN LOST 人間失格を見ようかなぁと思いますが、時間が悩みどころですね、PPIなので、是非みたい。

これはいつか起こるかもしれない社会への警告かもしれないです。
富裕層の傲慢、貧困層の暴動、障害への理解のなさ、人の欠点をあざ笑う世間、弱者への風当たり。
自身の自由、主観を周りに惑わされず考えてゆく、奥が深いです。

映画「JOKER」を見てきました。
まず最初にこの映画は「衝撃的」「問題作」といっても過言ではなく、社会的に不満を持ち、行動に起こしやすい人や、障害に悩み社会に厄介者扱いされている気がする人、俗に赤い人と呼ばれる方々は非常に感化されてしまうのではないかと思います。

主人公はゴミが散らかり、財政難で貧富の差が激しく、トゥレット障害を持ち、母の介護をする1980年代に生きるなんだかんだコメディアンを目指すピエロのおっさんです。
急に笑いだしてキモいとか、ピエロということで馬鹿にされまくったりする中、護身用の拳銃を渡され、演技中に落としてしまいクビ。
挙げ句にトゥレット障害のせいで、富裕層に暴行され、殺してしまう。
クビの中、母が頼りにしていた手紙を見て、真実を知り、行動に移す。
だんだんいろいろなことを知っていくうちに、自身を認めていくとともに、自身の内なる不満を笑いとともに愉快なピエロで行動を移し変わっていく。
この様はものすごい演出が派手などすごいというわけではないですが、地道に考えられたストーリーと演出で、めちゃくちゃ金がかかった映画ではないですが、素晴らしいです。

『スパイダーマン スパイダーバース』の感想です。 (2/2) 

『スパイダーマン スパイダーバース』の感想です。 (1/2) 

プロメアを見てきたのですが、夏のレディースデーは満席で女性が多かったです。
あの映画だと何度も見たくなるので満席だったのは納得かと思います。
あのCDとBDがほしい...。

ぶっちゃけCDはレンタルでもいいかもしれないと思うところなのですが。

『プロメア』の感想です。 (2/2) 

『プロメア』の感想です。 (1/2) 

そういえば、書いてなかったですけど、「実写版 亜人」にはHIKAKINで出ているんですよね。
非現実的なそういう創作的な世界が好きなので、下手に現実の人間に現実の役をやらせないでほしいなぁと思いました。
役者には役をさせてほしかった。
演技としては素の状態なので、完璧かもしれませんけど、役としては無茶があったとしても綾野剛が10倍以上は良かったです。

『亜人』の感想です。 

houdiniで作られた感じのもふもふピカチュウは本当に良き👌

twと比べるとTLの流れが緩やかですね...。

本の感想はたしかにあまり共有しないですね。
個人的にはね、映画とか娯楽は心を動かす内容かどうかが感想のメインになっているところが自身はあります。
クソ映画はクソとしか言わないですし、名作はゲームでも小説でもものすごくいろいろ言いたくなる。
そんな感じです。
ゲームとかはMGS以外そんなにって感じです。
本はまぁそこそこあって別で言うこともありますね。

『名探偵ピカチュウ』の感想です。 (2/2) 

『名探偵ピカチュウ』の感想です。 (1/2) 

イブの時間と楽園追放を見直そうかと思ったりしています。

個人的には、この2つのアニメは自身の中で最高峰の内容だと勝手に思ってますw

サマーウォーズとかもアツイ内容ですけど、個人的にはこの2つが非常に感銘を受けた作品です。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』の感想です。 

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に』の感想です。 (2/2) 

『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に』の感想です。 (1/2) 

もっと見る
映画ドン-映画ファン、映画業界で働く方の為の日本初のマストドンです。

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。