もっと見る

まあ、試写室や完成披露試写や観賞会イベントとかすんごい多くの知り合いや友人と見ることもあってそれはそれで楽しい。ただ、デートもしかりだが、1対1で見ると何かが違うね。

デートムービーで行った映画……『トゥー・ブラザーズ』、『変態村』、『寝ずの番』、『ドゥーム』、『キスキス、バンバン』、『僕を葬る』、『マジシャンズ』、『ノン子36歳』……微妙なチョイス&映画でちっとも盛り上がらなかった(笑)
あと、3~4人ぐらい合評会を座談会形式でやる時、こっちが5段階の1か2で他の人が5、またその逆の時ってきっついなー。
音楽の嗜好は好きなジャンルさえ同じならだいたいそれに沿うんだけど、映画は不思議となりにくい。

じょ~い@えいがどん さんがブースト

相手が映画好きだと、さらにタチが悪い。なぜなら、観た映画の受け止め方について揉めるからだ。

自分が面白かった映画をけなされたり、自分がつまんなかった映画を褒められたりすると、それはそれでガックリ・・・。まぁ相手が好きならどうでも良いけどね、そんなことは。

コメディとホラーはデートで行きやすい印象ですね。コメディなホラーは最高。その他のジャンルは人を選ぶ気がする。恋愛映画は・・・意外と地雷が多そうwww

ゴジラもマーベルもディズニーもいらねー!
ラース・フォン・トリアーとキム・ギドクとエミール・クストリッツァさえあれば良い。

はーーー、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルトーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

『ブロークン・フラワーズ』のたらい回しな中年ミステリー、面白い。
音楽もファッションもおしゃれ。
流れ流れる男の末路は『デッドマン』、『ゴースト・ドッグ』、さらには後の『リミッツ・オブ・コントロール』しかりなんだけど、そのどれよりもゆるい。そこがいい。

じょ~い@えいがどん さんがブースト


」を見ました

実年だが、プレイボーイな男が独身だが、
昔の彼女から息子がいたと知らされ、
その子が生まれた時ぐらいに、
付き合っってた彼女たちの中から
母親を探す旅に出たという話

ストレートに言うには、
デリケートな話題なので
遠回しに言わないといけない

もう、ずいぶん前にわかれた彼女なので、
なんで会いに来たのかとか、

元彼女としては、なんで今さらという

そんな感じの不思議な感じの再会話が、
なんとなく面白い映画です

それに、元彼女たちが、
幸せそうだったり、不幸せそうだったり
変な方向にハマってたりと
いろいろなパターンがあって、
いろいろな再会話が楽しめます

あと、隣人役のジェフリー・ライトと
ビル・マーレイの変な感じの漫才も
楽しいです。

ラース・フォン・トリアーの『ハウス・ジャック・ビルト』が楽しみで仕方ない。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 

眠くならないフランス映画の監督にフランソワ・オゾンが挙がりながらもセドリック・クラピッシやジャン・ピエール・ジュネ、パトリス・ルコント、アルノー・デプレシャンが挙がらないのは残念過ぎる。
オゾンの作品も最近の、しかもつまみ食いな感じがしてならない。

フランソワ・オゾンを挙げるなら、
最高傑作は短編の『サマー・ドレス』、
長編でも『クリミナル・ラバーズ』や『焼け石に水』、『スイミング・プール』、『二人の5つの別れ路』、『彼は私の女ともだち』、『二重螺旋の階段』が抜けてる…。

てか、『ポンヌフの恋人』とかも見てないかな?

その眠くならないフランス映画にジャック・オーディアルを出しながら『預言者』や『ディーパン』がない辺りに甘さを感じる。

どうにも筆者が眠いだけのようにしか見えない記事。ネガティブな記事って難しいし、反面教師になる。ボクもやりがちだから気を付ける。

elle.com/jp/culture/movie-tv/a

確かに昔から映画ブログでダメだと思った作品をダメと書いてもめたケースは多々あったし、映画の好き・嫌いなんて千差万別なのに自分と違う意見にやたら嫌悪感を示す人がネット・SNSに多い。
それでもダメなもの嫌いなものはハッキリ言うし、書く。
それが表現者。

じょ~い@えいがどん さんがブースト

最近、本を読むようになって思うことは、「批判」も時には必要である、ということ。

Aが嫌い、だったとして、なぜAが嫌いなのか?をちゃんと論理立てて述べること(←これが難しい)には価値があるから。

批判を解消して物事は発展する。批判を知って見えてくることも結構あると気づいた。

「嫌いな映画を批判することもアリじゃないか!」という免罪符を得たのであった。

『長いお別れ』、カリフォルニアで暮らす今村家(長女の夫婦・家族)の壊れそうで壊れない家庭も見事。異国の地で暮らしに馴染めない麻理と、研究職で家族とのコミュニケーションがおかしい旦那も個人的にツボだった。

『長いお別れ』、根幹の主人公の認知症の描写も、山崎努の圧巻の演技と症状の順とポイントを押さえた脚本は見事。2009年の友人の葬式のシーンでのやらかしと第三者の認識、2011年の生家での様子と帰りの新幹線でのセリフ、2013年のシーンでの老々介護になりかける所など、リアリズムに溢れる。

 

『長いお別れ』、まず2007年から2013年までの年を追っただけあり日本の時代を描き、東家と長女夫婦の家族を描き、主人公のアルツハイマー型認知症という病をしっかり描きつつ、随所での笑いと遊園地のシーンを使った脚本のトリックなど、原作があるとはいえ、付け入る隙がない映画だった。

 

根のしっかり部分を誉めるか、
演出のショボさを指摘するか、
評価に板挟み。
映画の中で板挟みになる佐藤浩市総理大臣の気分とドリフト出来る、という点では悪くないんだよね、『空母いぶき』は。

しかしながら、『空母いぶき』は結局は結果があれだから憲法第9条&刑法第36条を踏み絵にしたことには変わりないんだよな。
実際のキリスト教の踏み絵(キリシタン炙り出しのやつ)と逆なのは興味深い。

もっと見る
映画ドン-映画ファン、映画業界で働く方の為の日本初のマストドンです。

Mastodon は、オープンなウェブプロトコルを採用した、自由でオープンソースなソーシャルネットワークです。電子メールのような分散型の仕組みを採っています。