いやー、
『劇場版 ファブル』、あらゆる意味でぬるい映画だったが、漫画原作だから漫画チックなんだな、と妙に納得。

リメイクパピヨンは冒頭の部分の大胆な付け足しや後半の改変など、ベースを残しながら悪くはなかったけどラストが蛇足過ぎる。
そこからチャーリー・ハナムでは物足りないとか、ドガに異様に優しいとか、序盤の船のシーンに辛さがないとか不満タラタラ。

まあ、オリジナルと比べたら可哀想だが分かっているのにやっちゃったリメイクだね。

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』、作った意味がわからない、コレジャナイ感バリバリの『メン・イン・ブラック』だった。そもそもウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが出てないし、その上テッサ・トンプソンとクリス・ヘムワーズの『マイティ・ソー バトル・ロワイアル』コンビがコメディに向いてない。

『ハウス・ジャック・ビルト』はシリアルキラー展に行ってサイコや殺人狂時代を見たあとにまた本編見て、公開終わり間際にまた本編見るかな

『ハウス・ジャック・ビルト』3回目② 

『ハウス・ジャック・ビルト』3回目 

ちんこをちょん切る映画とか前編後編ある映画の前編の最後で「まんこが壊れたー!」と絶叫する映画や、口から飲み込んだ鍵をうんこを出してそのうんこをの中から鍵を取り出す映画とか、そういうのが好きです

よし、『ハウス・ジャック・ビルト』は撲殺絞殺銃殺なぶり殺しとトラウマ殺人シーンのオンパレードだからデートムービーにもってこいだ

やっぱり俺たちのラース・フォン・トリアーだった!!!!!

ラース・フォン・トリアー監督最新作『ハウス・ジャック・ビルト』 

レジェンダリーの中華風味はどうにかならないものか

じょ~い@えいがどん さんがブースト

レジェンダリー・ピクチャーズの映画って何故こう当たり外れの差が激しいのか

まあ、試写室や完成披露試写や観賞会イベントとかすんごい多くの知り合いや友人と見ることもあってそれはそれで楽しい。ただ、デートもしかりだが、1対1で見ると何かが違うね。

デートムービーで行った映画……『トゥー・ブラザーズ』、『変態村』、『寝ずの番』、『ドゥーム』、『キスキス、バンバン』、『僕を葬る』、『マジシャンズ』、『ノン子36歳』……微妙なチョイス&映画でちっとも盛り上がらなかった(笑)
あと、3~4人ぐらい合評会を座談会形式でやる時、こっちが5段階の1か2で他の人が5、またその逆の時ってきっついなー。
音楽の嗜好は好きなジャンルさえ同じならだいたいそれに沿うんだけど、映画は不思議となりにくい。

じょ~い@えいがどん さんがブースト

相手が映画好きだと、さらにタチが悪い。なぜなら、観た映画の受け止め方について揉めるからだ。

自分が面白かった映画をけなされたり、自分がつまんなかった映画を褒められたりすると、それはそれでガックリ・・・。まぁ相手が好きならどうでも良いけどね、そんなことは。

コメディとホラーはデートで行きやすい印象ですね。コメディなホラーは最高。その他のジャンルは人を選ぶ気がする。恋愛映画は・・・意外と地雷が多そうwww

ゴジラもマーベルもディズニーもいらねー!
ラース・フォン・トリアーとキム・ギドクとエミール・クストリッツァさえあれば良い。

はーーー、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルト、ハウス・ジャック・ビルトーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

『ブロークン・フラワーズ』のたらい回しな中年ミステリー、面白い。
音楽もファッションもおしゃれ。
流れ流れる男の末路は『デッドマン』、『ゴースト・ドッグ』、さらには後の『リミッツ・オブ・コントロール』しかりなんだけど、そのどれよりもゆるい。そこがいい。

じょ~い@えいがどん さんがブースト


」を見ました

実年だが、プレイボーイな男が独身だが、
昔の彼女から息子がいたと知らされ、
その子が生まれた時ぐらいに、
付き合っってた彼女たちの中から
母親を探す旅に出たという話

ストレートに言うには、
デリケートな話題なので
遠回しに言わないといけない

もう、ずいぶん前にわかれた彼女なので、
なんで会いに来たのかとか、

元彼女としては、なんで今さらという

そんな感じの不思議な感じの再会話が、
なんとなく面白い映画です

それに、元彼女たちが、
幸せそうだったり、不幸せそうだったり
変な方向にハマってたりと
いろいろなパターンがあって、
いろいろな再会話が楽しめます

あと、隣人役のジェフリー・ライトと
ビル・マーレイの変な感じの漫才も
楽しいです。

もっと見る
映画ドン-映画ファン、映画業界で働く方の為の日本初のマストドンです。

映画ドン
日本初の映画好きの為のマストドン、それが「映画ドン」です!
好きな映画について思いを巡らす時間は、素敵な時間ですよね。
※もし...最初の確認メールが届かない方は、ドメイン(@eigadon.net)からのメールの受信設定を行って下さい!gmail,yahoo,msn,docomo,softbank,ezweb等々の指定受信設定をググると設定方法がすくに見つかると思います!!お手数になりますが、よろしくお願いいたします!